渋谷での貸切パーティーに必要な費用

貸切パーティーを開く際、場所が渋谷だと色々なお店があります。立地的にお店に困ることはほとんどありませんが、逆にお店があり過ぎて、何を基準に決めたら良いかが良く分からなくなります。そんな貸切パーティーの開催を検討している幹事の方へ新食店を貸切にする際のポイントを紹介します。まずは、貸切パーティーをする目的や趣旨を明確にすることです。会社の飲み会、結婚式の二次会というだけで、目的も違います。会社の飲み会を取ってみても、歓迎会なのか、周年記念なのかで、選ぶお店も違ってきます。そのため、開催する貸切パーティーについて、どんな目的のパーティーで、こんなパーティーになったら良いなというイメージを明確にして下さい。その後、飲食店に予約について相談する際に、予約の目的や趣旨も相談してみると、人数や予算だけでなく色々な提案をお店側がし易くなります。

貸切パーティーでは、3つの時間をコントロールすることが大切

渋谷で貸切パーティーを開催する際には、3つの時間をコントロールすることが重要なポイントです。1つ目に、飲食店に滞在できるトータル時間、2つ目にフリードリンクのラストオーダーの時間、3つ目にゲストに伝えるスタートの時間とタイミングです。お店側からすると貸切りというのは非常に有難いことですが、同じ日にちの次の時間帯に別の客の予約が入っていることはよくあることなので、始まりと終わりの時間をきちんと把握しておくことが必要です。また、ラストオーダーの時間はパーティーをスムーズに進行するための指標になるので、確認が必要です。幹事の方は、何日も前にお店の場所や時間を伝えていると思いますが、人数が増えてくると直前まで確認しない方も多いと聞きます。そのため、当日の朝メールを送ることを忘れずに行う事で、パーティーを遅らせることなく始めることができます。

渋谷での貸切パーティ―の会費の目安

渋谷で貸切パーティーをする際、やはりコスパの良さは最大のポイントです。ただ、コスパイコール安いという意味ではなく、そのパーティーの目的、ゲストのことを考え、満足してもらえ金額になっているかがコスパの本当の良さだと言えます。東京の会社員の方に貸切パーティーの会費について聞いてみると、3000円から5000円が多いようです。3000円から5000円の予算なら大丈夫という事になります。また、結婚式の二次会などになると、5000円から8000円の間が多く、5000円未満は少ないようです。もちろんエリアによって多少の違いはありますが、参考にしてみて下さい。楽しいパーティーにするために、お店の予約は余裕をもってして下さい。また、昨今問題になっている無断キャンセルですが、お店にもゲストにも迷惑を掛けることがありますので、キャンセルをする場合は出来るだけ早めに連絡を入れるようにして下さい。