美容外科初心者にはプチ整形がおすすめ

昔は整形手術に対する否定的な意見も少なくはありませんでした。しかしながら、、現在では整形手術を行っていることが「高い美意識をもっている」として評価されることもあります。
それだけではなく近年では、従来の美容整形よりも手軽なプチ整形も流行しており、美容外科の需要は急速に高まっています。
プチ整形では、皮膚を切ったり、強い痛みを伴う手術は行いません。さらに術後のダウンタイムが少なく、短い時間で効果を感じることが可能です。

コンプレックスを美容外科のプチ整形で解決

現在では幅の広い二重瞼や、高く小さい鼻、ぷっくりとした唇の女優やモデルが多く活躍しており、そのような体のパーツをもっていることが美人の要素として流行しています。しかし、その反対に自分の体のパーツに対してコンプレックスを抱く方も多くなってきているのです。プチ整形ではそういった体のコンプレックスも簡単に解消することが可能になっています。例えば、一重まぶたでは埋没法という方法があります。切らずに施術してもらえることはもちろんのこと、痛みも麻酔を打つ際に注射針を刺す痛みを感じる程度のものです。
この方法では、つくられた二重がとれにくく、仕上がりが自然ですので職場や学校でバレにくいというメリットがあります。もともととれにくい施術方法ですが、クリニックによっては保証を行っているところもありますので、そういったところを選ぶとよいでしょう。

年齢によるお悩みも解消

プチ整形はもともと生まれ持ったコンプレックスを解消してくれるだけではありません。人は誰しも年齢を重ねるごとに体の機能や見た目が衰えてしまうものです。多くの女性は、目元や口元の皮膚のたるみや、シワを元通りの美しさに戻したいという願望をもっています。しかし、日々のスキンケアだけではなかなか元通りに戻すことが難しいというのが現実です。
しかし、プチ整形であればそういった悩みも手軽に解決することができます。
例えば、シワやたるみでは気になる部分にヒアルロン酸などの成分を注射することによって、深いシワやたるみに効果を発揮します。これまでのプチ整形では小さなシワには効果があったものの深いシワを改善することはできませんでした。しかし、最近では皮下脂肪に直接ヒアルロン酸を注入するサロンもあり、この方法であれば、従来のプチ整形で解消できなかった悩みも改善を期待することができます。