ワキガ多汗症の治療も美容外科が人気です

近年女性の美意識の高まりにより、肌や顔のパーツをより美しくしたいと考える方が増えているため美容外科は人気です。
美容外科と一般的なクリニックとの違いとしては、美容に特化した医療機関になりますので、美容に関する知識をもったスタッフに対応してもらうことができるという点が一つ挙げられます。最新の治療を受けることができるメリットもあります。整形手術だけでなく医療レーザー脱毛や美顔などを受けることができます。最近、人気になっているのはワキガや多汗症の手術です。スメルハラスメントという言葉が生まれたように、近年では男女に関係なく自分の体臭に関心をもつ人が多くなってきているのです。

美容外科でワキガから解放される

ワキガは体質や遺伝により起こりうるものです。このワキガを直すための治療法の一つとして根治法というものがあります。これは、脇を2cm程度切開し、ワキガの原因となるアポクリン汗腺や皮脂腺を取り除くという方法で臭いを軽減するものです。手術時間もそれほど長時間ではなく30分程度で完了します。シワに沿って小さく切開するため、傷跡が残ってしまうのではという不安もありません。また、術後一週間はテーピングをはり、約3日腕の上げ下げを少なくする必要はありますが、テーピングをしたままであれば入浴も可能です。
大きな支障なく日常生活を過ごすことができますので、手術のために長い時間をとれないという方にもおすすめできます。

多汗症の悩みも解決

ワキガだけではなく、多汗症でお悩みの方もいらっしゃるでしょう。人より汗をかく量が多いだけとも思われがちなこの症状ですが、接客業などの方にとっては深い悩みのタネとなることも少なくはありません。スポーツにおいても、汗で滑りやすくなってしまうなどの弊害があります。
そんな多汗症も美容外科で治療することが可能です。
ボトックス注射という方法が一般的ですが、この方法は治療を行う箇所にボツリヌス菌の毒素を加工してつくられた成分を注射し、汗腺のはたらきを止めることで、汗の分泌を止めることが可能になります。治療時間も約1~2分で完了します。この方法では、術後3週後に効果を感じることができ、約3ヶ月から8ヶ月汗を抑える効果が持続します。
どちらの方法も美容外科であれは、美容の知識があるスタッフが在籍する医療機関ですので、自身の医療的な知識などを生かしてアドバイスをしてもらうことができますのでオススメです。